桐生祥秀 東京五輪に向け新たな力 ゆずの「SEIMEI」に気持ち高ぶる

[ 2019年6月17日 13:28 ]

イベントに出席した桐生
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀(23=日本生命)が17日、都内で開かれた日本生命の東京五輪聖火ランナー公募キャンペーンの発表会に人気デュオ「ゆず」や女優の綾瀬はるか(34)らとともに出席した。

 同キャンペーンでは24日から公開される新CMにゆずの「SEIMEI」を起用。普段から試合前の勝負ソングとしてアテネ五輪で大ヒットしたゆずの「栄光の架橋」を聞いている桐生は「今度は“SEIMEI”を聞いたら五輪が近付いてくるんだという気持ちで聞けますね」と胸を高鳴らせていた。

 桐生は小学校時代からアップ中にゆずを聞いていたといい、日本生命と所属契約を結んだときには「日本生命といえばゆずのCM。機会があればCMに出たい」と熱望していただけに、今回の共演と“SEIMEI”が五輪に向けた新たな力になりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月17日のニュース