女子サーブル日本 3位入賞も笑顔なし、江村奮闘実らず

[ 2019年6月17日 05:30 ]

フェンシング アジア選手権第4日 ( 2019年6月16日    千葉ポートアリーナ )

フェンシングアジア選手権女子サーブル団体準決勝で敗れ、中国選手とあいさつを交わす日本の江村(中央)ら
Photo By 共同

 女子サーブルの日本は3位入賞も、笑顔はなかった。準決勝の中国戦は10点を追う場面で、メンバー内で最も世界ランクが低い69位の江村が奮闘。積極的に攻めて3点差まで追い上げたが、最後は相手の鋭い攻撃に屈した。「個人以上に出たい」と団体戦への思いは強い。「あれだけ準備してきたのに金メダルを獲る夢をかなえられなかった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月17日のニュース