土性 女子68キロ級V、執念逆転で世界切符 左肩痛何の

[ 2019年6月17日 05:30 ]

レスリング 全日本選抜選手権最終日 ( 2019年6月16日    東京・駒沢体育館 )

全日本選抜レスリング選手権最終日 女子68キロ級決勝、優勝しガッツポーズをする土性(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子68キロ級は五輪2大会連続Vを狙う土性が、執念の逆転劇で世界選手権切符を確保した。古市との決勝は2―3と劣勢のまま残り12秒。相手タックルをかわし、バックを奪って逆転した。「(逆転勝ちした)リオ五輪の決勝のことを考えた」とホッとした表情を浮かべた。

 昨春、左肩の可動域を回復する手術を受けた。まだ痛みは残るというが、「肩を治しながら、タックルの種類を増やしていきたい」とさらなる進化を誓った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月17日のニュース