塩尻、3区で区間賞快走 群馬は過去最高更新の2位

[ 2019年1月21日 05:30 ]

第24回全国都道府県対抗男子駅伝 ( 2019年1月20日    広島市・平和記念公園前発着=7区間、48キロ )

群馬3区の塩尻和也
Photo By 共同

 リオ五輪3000メートル障害代表で、箱根駅伝でも活躍した群馬・塩尻和也(順大)が貫禄の走りを見せた。3区で区間賞を獲得し「個人賞も獲れて良かった」と満足そうだった。

 トップと12秒差の9位でスタートし、リズムの変わらない走りで8人を抜き、首位でたすきを渡した。「(箱根駅伝から)いかにコンディションをつくるかがテーマだった。しっかりできた」と胸を張った。チームも過去最高を更新する2位。主将を務めた塩尻は「チームにとって良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月21日のニュース