美誠、女子初の2年連続3冠!東京五輪金エースの自覚

[ 2019年1月21日 05:30 ]

卓球 全日本選手権最終日 女子シングルス決勝 ( 2019年1月20日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

史上初の2年連続3冠を達成し、笑顔の伊藤美誠(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=スターツ)が史上最年少優勝を狙った木原美悠(14=エリートアカデミー)を4―1で下し、連覇を達成した。今大会は混合ダブルス、女子ダブルスに続く優勝で、女子として史上初の2年連続3冠を達成。予測不能の攻撃スタイルで美誠時代の到来を告げ、20年東京五輪のエースに堂々と名乗りを上げた。

 伊藤の卓球はどんな球が飛び出てくるのか、予測不能だ。準決勝の早田戦も、決勝の木原戦も、卓球界のファンタジスタぶりをいかんなく発揮した。突然、カット型が打つような下回転のレシーブをすれば、「逆チキータ」と呼ばれる変則打法も駆使した。大胆にコースを読んで先回りし、何発も強打も浴びせた。強く、見る者を楽しませるスタイルで、連覇を果たした。

 「年下の選手には絶対に負けたくない、優勝を獲られたくない強い気持ちがあった」

 最年少優勝を狙った14歳木原の挑戦を退けた。「挑戦者の気持ちで攻めた」。得意のサーブを効かせて1ゲーム目を13―11で競り勝った。強打を打たれても、微妙な変化をさせて返す。初の決勝の新星は「映像では分からないけど、実際は凄く変なボール」とお手上げだった。

 小学生の頃。練習先から抗議の電話が、母・美乃りさんのもとにかかった。思いつくままに打ち、よく相手を困らせたからだ。その自由な発想が今、武器となっている。今季は中国勢を次々と破り、現地メディアから「大魔王」と名付けられた。最強国は、自国の脅威が現れると、コピー選手をつくって対策する。しかし、天衣無縫のまねは、難しい。

 国内トップ選手で唯一、Tリーグに参戦していない。大学進学の誘いもあったが、「卓球のためにならない」と断った。自分を貫き、自分を磨き続ける。女子日本代表の馬場美香監督は「戦術の切り替えが早く、相手が対応できない。ますます幅が広がった」と昨年と比べての成長を説明した。

 混合、女子ダブルスに続く頂点で、女子史上初の2年連続3冠を達成。続々と現れる若き才能の中にあっても“美誠時代”の到来は間違いない。「今年の方が楽しめたし、ホッとした3冠でした」。東京五輪で目指すは金メダル。日本初の快挙は、完全オリジナルの歩みで成し遂げる。

 ◆伊藤 美誠(いとう・みま)2000年(平12)10月21日生まれ、静岡県磐田市出身の18歳。2歳から卓球を始めた。11年に10歳で全日本選手権の女子シングルスで白星を挙げ、福原愛の最年少勝利記録を更新。16年リオ五輪団体銅メダル。現在、世界ランクは7位。1メートル53。利き腕は右。

 ▽卓球の東京五輪代表選考 20年1月発表の世界ランキング男女の上位2人がシングルス代表に内定。団体戦メンバーとして男女各1人が強化本部推薦で決まる。混合ダブルスは内定選手3人の中で最高の組み合わせを強化本部が決定する。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月21日のニュース