大阪桐蔭、初の日本一へ準備完了 学校勢の「春夏秋冬日本一」へ

[ 2019年1月7日 05:30 ]

第98回全国高校ラグビー大会きょう決勝戦

決勝に向け気合いのタックルを見せる大阪桐蔭・奥井(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 第98回全国高校ラグビー大会決勝の大阪桐蔭(大阪第1)―桐蔭学園(神奈川)が7日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で行われる。初優勝を狙う大阪桐蔭は6日、近大グラウンドで練習。桐蔭学園SH小西泰聖主将(3年)の対策など、“三大準備”が完了した。野球部などに続いて、学校勢の「春夏秋冬日本一」に挑む。

 大阪桐蔭はラグビー部が優勝すれば、学校勢が今年度の春夏秋冬の“全国大会”で日本一に輝く。野球部は甲子園を春夏連覇。秋の国民体育大会も、台風の影響で4校同時ながら1位になった。ちなみに、吹奏楽部は秋に日本管楽合奏コンテストを制した。冬の花園で、残された最後の1ピースが埋まるのだ。

 「野球部が(日本一を)獲って、ラグビー部が獲れないというのを、今年は変えたい」

 昨年準Vの悔しさ知るCTB松山千大主将は力強かった。この日の練習は、笑い声が出る場面が何度もあるほど和やかだった。初の日本一へ、3つの準備も整っている。

 (1)キーマン対策

 桐蔭学園には、春の全国選抜大会決勝で敗れた。高校日本代表候補のSH小西主将に翻弄(ほんろう)された。綾部正史監督(43)は「SHに注意しすぎて守備が上がれなかった」と、振り返る。過剰な警戒をせずに、出足速く重圧をかける作戦だ。

 (2)体力回復

 チーム初の決勝となった昨年は疲労困憊(こんぱい)だった。その反省を生かし、昨年からの主力、怪物2年生フランカーの奧井章仁は「試合後のケアの意識が違う」と語る。花園開幕後は、毎日全員でスーパー銭湯へ。これも疲労回復に役立っている。

 (3)士気の高まり

 決勝は、野球部が応援に来る。中川卓也前主将とクラスメートの松山主将は「去年は負けた姿を見せた。勝った姿を見せたい」と意気込む。ラグビーも大阪桐蔭―。今年こそ、それをアピールする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月7日のニュース