浅田真央さん「バトン渡せた」 坂本、紀平ら次世代へエール

[ 2019年1月7日 13:52 ]

東京ミッドタウンのアイススケートリンクのイベントに参加した浅田真央さん、無良崇人さんら
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)が7日、東京ミッドタウンのアイススケートリンク「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」オープニングイベントに参加した。

 昨年12月の全日本選手権(大阪)はテレビで観戦していたという。優勝した坂本花織(18=シスメックス)や3回転半を決めた紀平梨花(16=関大KFSC)ら新たな才能の活躍に目を細める。「やはり私は引退をして、次の若い子たちにバトンを渡せたと思うので。これからは今、頑張っている若い子たちが今度、世界に行ってトップを取れるように私も応援したいと思います」とエールを送った。

 年末は断捨離で忙しかったという。「ほとんどお洋服。ゴミ袋20袋くらいお洋服を含めて断捨離しました」と語り、「2018年にいろんなものがいろんなものが家の中にたまっていたので。全てスッキリさせて2019年、新年を迎えました」と笑った。

 今年2月から全国21カ所を巡る自身のアイスショー「サンクスツアー」が始まる。昨年で姉・舞さん(30)が卒業し、新たなメンバーを加えて北海道から沖縄まで数多くの場所で感謝の滑りを披露する。「新たなサンクスツアーをやっていきたい。レベルアップしたツアーになるといいな」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月7日のニュース