正代、鶴竜&高安に19番全敗「なかなか体ついてこない」

[ 2019年1月7日 05:30 ]

高安(右)と稽古する正代
Photo By 共同

 東前頭3枚目の正代(27)は東京都墨田区の時津風部屋で、出稽古の横綱・鶴竜、大関・高安と合計19番取ったが全敗だった。

 2人の鋭い出足に圧倒され続け「ここで追い込んでいかないといけない。なかなか体はついてこないけれど」と顔をしかめた。目標の三役復帰へ向け「まずはケガをしないように体調を管理したい。感覚を戻していく」と慎重な口ぶりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月7日のニュース