元全日本女子監督・葛和氏、64歳誕生日に春高1勝 3年生と「1日でも長く」

[ 2019年1月7日 05:30 ]

バレーボール全日本高校選手権第2日   日本航空2―1済美 ( 2019年1月6日    東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

春高バレーで1勝を挙げた葛和監督
Photo By スポニチ

 男女の2回戦が行われ、女子は元全日本女子監督の葛和伸元氏(64)が昨年4月から指揮を執る日本航空(山梨)が、済美(岐阜)をフルセットの末に2―1で下し、7日の3回戦に駒を進めた。男子は前回大会優勝の鎮西(熊本)が東海大相模(神奈川)に2―0でストレート勝ちした。大会は男女各52校が参加。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で行われる。

 日本航空の葛和監督が高校の監督として初勝利を挙げた。「この雰囲気は全日本や実業団では味わえない。監督も成長しますね」。百戦錬磨の名将も初の大舞台に緊張したという。「3年生は負けたら競技を終える選手もいる。1日でも長くやらせたいんです」。くしくもこの日は葛和監督の64度目の誕生日。選手から大きな1勝を贈られ「この年になると、誕生日も忘れますよ」と照れ笑いしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月7日のニュース