貴景勝、充実の稽古「動き良くなっている」初場所前に好感触

[ 2019年1月7日 05:30 ]

貴ノ富士(左)と稽古する貴景勝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新関脇・貴景勝(22)は東京都台東区の千賀ノ浦部屋で相撲を取る稽古を行い、順調な調整ぶりを見せた。初場所を1週間後に控え「いい感じだと思います」と好感触を口にした。

 十両・隆の勝らと15番取った相撲では、下から攻めて相手を翻弄(ほんろう)し、切れのある動きで劣勢から逆転。攻守ともに安定感が増した様子だ。大関を目指す中、充実した稽古を行っており「動きが良くなっていると思う」とうなずいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月7日のニュース