鶴竜、半年ぶりの白星も「まだまだ初日ですから」

[ 2018年1月14日 21:26 ]

大相撲初場所初日 ( 2018年1月14日    両国国技館 )

北勝富士(右)を引き落とす鶴竜
Photo By スポニチ

 4場所連続休場からの再起を目指す鶴竜は手ごわい北勝富士を下し、昨年の名古屋場所以来、約半年ぶりの白星を挙げた。それでも「1日が終わったなという感じ。まだまだ初日ですから」と浮かれていなかった。

 左右の喉輪で相手の体を起こすと、最後はタイミングよく引き落とし「立ち合いから動きが良かった」と納得の口ぶり。成績次第では進退も問われかねない場所で、幸先よく滑り出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月14日のニュース