鶴竜“自然体”初場所の成績次第で進退かかるも「集中のみ」

[ 2018年1月14日 05:30 ]

14日初日大相撲初場所

初場所の土俵祭りの前に緊張した面持ちの(左から)稀勢の里、白鵬、鶴竜
Photo By スポニチ

 昨年夏場所に右足首を痛めて途中休場してから先場所まで、4場所連続休場した鶴竜も土俵祭りに参加。成績次第で進退がかかる初場所へ「そこばかり意識するのではなく、一日一日自分の相撲に集中したい」と自然体をポイントに挙げた。

 九州場所前は順調に調整しながら、直前に腰を痛め全休。今場所は焦る気持ちを抑えて出場にこぎつけ「ファン、支えてくれた人のために」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月14日のニュース