W杯ジャンプ男子第13戦 風の影響で中止に

[ 2018年1月14日 23:07 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は14日、オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第13戦(ヒルサイズ=HS235メートル)が行われる予定だったが、風の影響で中止となった。

 日本勢は45歳の葛西紀明(土屋ホーム)と、小林潤志郎(雪印メグミルク)竹内択(北野建設)小林陵侑(土屋ホーム)の平昌冬季五輪代表4人が出場予定だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月14日のニュース