田原、決勝で10位 南は予選落ち…スキーW杯男子エアリアル

[ 2018年1月14日 05:30 ]

男子エアリアル決勝1回目でエアの着地でバランスを崩す田原
Photo By 共同

 フリースタイルスキーW杯は12日、米ユタ州ディアバレーでエアリアルが12日に行われ、男子で平昌五輪代表の田原直哉(ミルキーウェイ)は上位12人が進んだ決勝1回目で敗れ、10位だった。南隆徳(美深エアフォース)は30位で予選落ちした。

 女子の碓氷衣織(長野・白馬高)は32位で予選敗退した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月14日のニュース