男子に続いた!サクラセブンズもリオ切符!決勝戦でカザフ撃破

[ 2015年11月29日 16:40 ]

歓喜に沸くサクラセブンズ。(前列左から)冨田、山口、中村、加藤、大黒田、鈴木陽(後列左から)兼松、竹内、桑井、横尾、小出、鈴木彩

 ラグビー7人制女子のリオデジャネイロ五輪アジア予選第2戦・日本大会最終日は29日、東京・秩父宮で行われ、日本は決勝戦でカザフスタンに14-7で快勝。優勝した香港での第1戦と第2戦の合計ランキングポイントで最上位となり、五輪出場権を獲得した。すでに五輪切符を獲得している男子とのアベック出場が決定。リオ五輪で初実施となる同競技で、今度は男女アベックでのメダル獲得を目指す。

 引き分け以上で五輪出場が決まったこの日の1次リーグ最終戦のカザフスタン戦で、まさかの逆転負け。同じ相手との決勝戦では、負けても得失点差で22点差以内ならリオ行きが決まる有利な状況だったが、勝利だけを目指し試合開始から相手陣内でアタックを仕掛けた。

 前半3分、カザフスタンの反則から右に展開し、主将の中村知春(アルカス熊谷)が先制トライ。ゴールも成功させて前半を7-0で折り返した。

 後半はカザフスタンも反撃。開始早々に1トライ、1ゴールで同点に追いつかれたが、運動量で勝る日本は主導権を渡さない。同7分、小出深冬(同)のトライで勝ち越すと、ゴールも決めて突き放し、そのまま押し切って歓喜のノーサイドを迎えた。

 ≪7人制ラグビーのルール≫フィールドのサイズは15人制と同じで、1チームは12人で編成され、一度に出場できるのはFW3人、バックス4人。試合時間は2分間のハーフタイムを挟み前後半7分ハーフで行われるが、大会の決勝のみ10分ハーフで行うことが多い。1日に数試合をこなすのが通例。ルールは15人制とほぼ同じだが、スクラムが3対3、試合再開はトライを取ったチームのキックオフからなど、異なる点も存在する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月29日のニュース