荒賀、染谷が2連覇 空手プレミアリーグ最終戦沖縄大会

[ 2015年11月29日 18:01 ]

 世界各地を転戦する空手の賞金大会、プレミアリーグ最終戦の沖縄大会最終日は29日、那覇市の沖縄県立武道館で行われ、組手は男子84キロ級で昨年の仁川アジア大会金メダルの荒賀龍太郎(荒賀道場)、女子61キロ級では昨年の世界選手権3位の染谷真有美(帝京大)が2連覇を果たした。

 日本勢は、男子が60キロ級の大西英輝(京産大)と75キロ級の渡辺大輔(日本空手松濤連盟)が優勝した。女子は50キロ級の多田野彩香(日大)と68キロ超級の川村菜摘(帝京大)が頂点に立った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月29日のニュース