「絶対王者だぞ」羽生自身に言い聞かせプレッシャー

[ 2015年11月29日 05:30 ]

表彰式を終えた羽生は笑顔

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯

(11月28日 長野・ビッグハット)
 【羽生に聞く】
 ――世界初のフリー200点、総合300点。

 「いまだに信じられない。本当にスコアにびっくりしたけど、スケートカナダからこのNHK杯までに血のにじむつらい練習をしてきた。その練習をさせてくれた周りの方々、サポーター、カナダのリンク、仙台のリンク、全ての人に感謝をしたい」

 ――この結果は想像していたか?

 「やってやろうとは思っていましたけど。実際は、フリーの前は物凄く緊張していた。本当はブライアン(オーサーコーチ)と話をできるけど、きょうは話すことができなかった。でも、名古屋のオリンピックがあったリンクで」

 ――長野ですね?

 「名古屋って言いましたね、私。興奮してます。この長野のリンクでまた、オリンピックのマークもありますし、自分自身でプレッシャーをかけていました。絶対王者だぞと、自分に言い聞かせてやりました」

 ――GPファイナルに向けて。

 「今回は今回で終わったこと。ここまでケガをせずに練習ができた。サポートに感謝したい。さらに練習を積んでいきたい」

 ――技術的な改善点はあるか?

 「4回転ループをプログラムに確実に組み込めていないので、それも練習をしたい。すぐにはできないと思うけど、この内容、これ以上の内容をコンスタントに出せるようにしたい。今回出した、SP、フリー、合計点がこれから自分にかなりのプレッシャーになると思う。それに打ち勝つ精神力を付けないといけないと思う」

 ――初戦から何が変わった。

 「スケートカナダの2位は凄く悔しかった。一皮むけた羽生を見せたかった。後半に4回転を決めることができた。凄く達成感がある」

 ――声援が大きかった。

 「地元・日本での開催で皆さんが大きな声援をくれたし、また会場にオリンピックのマークが常に見えている状況で、連覇するために強い姿を見せないといけないんだと常に思っていたので、本当に、環境にも助けられたと思う」

 【羽生の記録アラカルト】
 ☆合計300点超え 羽生はチャンが保持していた295.27点を一気に27.13点も更新する322.40点をマーク。合計300点超えは史上初。フリーの216.07点も、史上初の200点超えでチャンの196.75点を19.32点更新した。

 ☆GP5勝 日本男子では高橋大輔の9勝が最多。羽生は今大会でGP通算5勝となり、織田信成と並んで日本男子で2位になった。小塚崇彦、町田樹が4勝で続く。

 ☆ファイナルの3連覇 羽生は現在、ファイナルを2季連続で制しており、今季は3連覇が懸かる。3連覇は男子では史上初、女子ではスルツカヤ(ロシア)が99~00年シーズンから3連覇を達成している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月29日のニュース