ドコモ新戦力、クリエルがあいさつ代わりのトライ 神鋼下した

[ 2015年11月29日 22:31 ]

<神戸製鋼・NTTドコモ>後半5分、NTTドコモのジェシー・クリエルがトライを決めチームに祝福される

ラグビートップリーグ第3節最終日 NTTドコモ25―24神戸製鋼

(11月29日 ユニバー記念競技場)
 期待の助っ人があいさつ代わりのトライだ。ラグビー・トップリーグ、NTTドコモのCTBジェシー・クリエルが神戸製鋼戦(ユニバー記念競技場=神戸市)で来日初先発。南アフリカ代表の主力は後半5分にゴール前のラックから持ち出して初トライ。リードを13点差に広げる1本を挙げると、同22分は中央からラインブレークでゴール前へ。SH井之上のトライを導き出し、1点差勝利に貢献した。

 「もっといいプレーができる。もっともっとパフォーマンスを上げて、チームを勝利に導きたい」

 スピード豊かな21歳は、故障で開幕前に来日ができなくなった世界最高のFBイズラエル・フォラウ(オーストラリア)の後釜としてやってきた。「オファーが来て2時間で即決した。違う生活習慣を経験したかった」。前週に来日したばかりで、下沖監督は「まだ20~30%しか彼の良さが出ていない」と更なる上積みを期待している。

 神鋼との関西ダービーに、1万833人が来場。試合後は子どもを中心としたファンからサイン攻めにもあった。W杯でも活躍したイケメンが何度も注目を集めそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月29日のニュース