マリー兄弟が勝って英国2勝1敗 79年ぶり制覇目指す

[ 2015年11月29日 05:30 ]

ベルギーペアを破った英国のアンディ(右)ジェイミーのマリー兄弟(AP)

男子テニス 国別対抗戦、デ杯ワールドグループ決勝第1日

(11月27日 ベルギー・ヘント)
 27日にシングルス2試合が行われ、英国とベルギーが1勝ずつを挙げ1勝1敗とした。79年ぶりの制覇を目指す英国はカイル・エドムンドがダビド・ゴフィンに逆転負けしたが、世界ランキング2位のアンディ・マリーがルベン・ベメルマンスに6―3、6―2、7―5でストレート勝ち。

 28日のダブルスは英国のアンディ・マリーとジェイミー・マリーの兄弟コンビがスティーブ・ダーシス、ダビド・ゴフィン組に6―4、4―6、6―3、6―2で勝ち、2勝1敗とリードした。

 29日にシングルス2試合が行われる。大会は対テロ警戒水準が高まる中、厳重な警備で実施されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月29日のニュース