白鵬 「子どもが見ても分かる」と審判部を批判 相撲協会は師匠を注意へ

[ 2015年1月26日 20:10 ]

 大相撲初場所で単独史上最多33度目の優勝を果たした横綱白鵬が26日、千秋楽から一夜明けの記者会見で、13日目の取組を同体取り直しとした勝負審判の判断を「子どもが見ても分かる。こんなことは二度とないようにしてもらいたい」などと批判した。横綱の発言に対し、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は29日に白鵬の師匠、宮城野親方(元幕内竹葉山)を呼んで注意する意向を示した。

 この一番は白鵬が一気に寄った土俵際で大関稀勢の里関が投げを打った。軍配は横綱に上がったが、物言いがつき白鵬が取り直しの末に優勝を決めた。同理事長は「審判5人が見て決めている。考えて発言しないと。もう一丁(取り直し)の気持ちで横綱らしくあってほしい」と苦言を呈した。

 横綱審議委員会の内山斉委員長(読売新聞グループ本社顧問)は「審判というものはスポーツの世界で厳正なもので、自分の未熟さをさらけ出した。反省すべきは横綱本人」と断じた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年1月26日のニュース