錦織、3年ぶり8強入り!次戦は前年覇者ワウリンカと対戦

[ 2015年1月26日 16:20 ]

全豪オープン男子シングルス4回戦でフェレールと対戦した錦織圭(AP)
Photo By スポニチ

 テニスの四大大会第1戦、全豪オープン第8日は26日、メルボルンで行われ、男子シングルス4回戦で、世界ランキング5位で第5シードの錦織圭(25=日清食品)は同10位で第9シードのダビド・フェレール(32=スペイン)と対戦。6―3、6―3、6―3でストレート勝ちし、3年ぶりの8強入りを果たした。

 過去6勝3敗、昨年は4戦して全勝と相性のいいフェレールとの対戦。錦織は立ち上がりから圧倒した。第1セット、互いにサービスゲームをキープして1―1で迎えた第3ゲームで錦織がまずブレーク。さらに5―3からフェレールのサービスゲームをブレークして、このセットをものにした。

 第2セットは、いきなりサービスゲームをブレークされたが、すぐにブレークバック。4―3で迎えた第8ゲームでフェレールのサービスゲームをブレークし、そのまま押し切った。続く第3セットはいきなりフェレールのサービスゲームをブレーク。その後は互いにサービスゲームが続いたが、5―3で迎えた第9ゲームをブレークして決着をつけた。

 錦織は、全豪初の4強入りがかかる準々決勝では前年覇者で、第4シードのスタン・ワウリンカ(29=スイス)と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月26日のニュース