男子のマイナ、女子の鈴木ともに初優勝 新宿CHマラソン

[ 2015年1月26日 05:30 ]

第13回新宿シティハーフマラソン ハーフマラソン男子総合優勝のジョン・マイナ(左)と同女子総合優勝の鈴木莉紗(右) 

 第13回新宿シティハーフマラソン(スポーツニッポン新聞社後援)は東京・明治神宮野球場を会場に1万1145人がエントリーして行われた。メーンのハーフマラソン男子総合はジョン・マイナ(20=岩手県陸上競技協会)が1時間5分54秒で、同女子総合は鈴木莉紗(30=アートスポーツ)が1時間19分46秒でそれぞれ初優勝し、スポニチ杯が贈られた。

 ≪ハーフ男子総合 初出場でV「うれしい」≫昨年までの発着会場の国立競技場が改修中のため、今年はコースを変更して開催。ケニア出身のマイナがスタートから独走し、2位に1分近い差をつけ、見事、初出場初優勝を飾った。青森山田高に留学するために来日して5年。片言の日本語で「うれしい」と笑顔を見せた。本拠地を置く岩手・一関はこの時期、雪でほとんど練習ができない中での快走だった。

 ≪ハーフ女子総合 圧勝も「複雑です」≫鈴木はスタートから独走し、折り返し地点でも後続が見えず勝利を確信。2位に3分10秒差をつけて栄冠に輝いた。それでも「複雑です」がゴール後の第一声。「優勝はうれしいけど、自己ベスト(1時間17分45秒)を出したかったので」とタイムには不満げな様子。社会人になってから本格的に走り始め、普段は自由が丘で加圧トレーニングの指導を行い、本も出版するほど。向上心を持ち続ける遅咲きのランナーから今後も目が離せない。

 【ハーフマラソン】▽男子総合 (1)ジョン・マイナ1時間5分54秒(2)松本翔1時間6分52秒(3)平塚潤1時間10分4秒▽女子総合 (1)鈴木莉紗1時間19分46秒(2)桑原絵理1時間22分56秒(3)大野美里1時間26分11秒
 【10キロ】▽男子総合 (1)堀田昇世32分3秒(2)鈴木慎32分5秒(3)大脇佑介32分18秒▽女子総合 (1)窪田怜子37分38秒(2)水沼亜樹38分2秒(3)渡辺綾39分27秒

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月26日のニュース