さくら17位 米ツアー開幕戦出場ならず

[ 2015年1月26日 05:30 ]

USLPGAツアーコーツ選手権・予選会

(1月24日 米フロリダ州オカラ ゴールデンオカラ・クラブ=6541ヤード、パー72)
 今季から米ツアーに本格参戦する横峯さくら(29=エプソン)は3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーで3オーバーの75で回り17位、有村智恵(27=日本ヒューレット・パッカード)は7オーバーの49位に終わり、ともに本戦出場権を得る上位2人に入れなかった。宮里藍(29=サントリー)、宮里美香(25=NTTぷらら)、上原彩子(31=モスフードサービス)は既に本戦にエントリーしている。

 ホールアウトした横峯は鼻声だった。「風邪かもしれない。体調が良くなくてプレーするか、しないか迷った。ベストコンディションでないのは自己責任。凄く残念」。75を叩いて本戦を逃し表情は険しかった。

 現地入り翌日の20日に体調を崩した。18ホールの練習ラウンドはこなしたが、ほとんどの時間はホテルにこもり静養に努めた。ゴルフの調子には手応えがあっただけに「普通の状態ならアンダーパーで回れていたかも。食事、移動、時差ボケも含め体調管理をしっかりしないと」と悔やんだ。

 先月の最終予選会で11位に入り今季ほとんどの試合に出場できる権利を得た。だが開幕戦は欠場者が出れば繰り上がりで出場できるウエーティングの6番目にとどまり「プロになって初めて」予選会に回った。そして「マンデー(予選会)は難しい。枠が2つしかないし、1日しかないし、ラッキーもないと駄目」と厳しさを味わった。繰り上がり出場を期待し開幕前日まで現地にとどまる。第2戦ピュアシルク・バハマ・クラシック(バハマ)も予選会からの出場だが「手探り状態の中で今年一年間やることになるけど、試合に出たら結果を残したい」と闘志はなえていない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年1月26日のニュース