沙羅は5位 イラシュコ2連勝でW杯ポイント首位に

[ 2015年1月26日 03:17 ]

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子個人第6戦は25日、ドイツのオーベルストドルフ(HS106メートル、K点95メートル)で行われ、高梨沙羅(18=クラレ)は5位に終わった。

 前日行われた第5戦で優勝したダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が、この日も1回目97・5メートル=最長不倒、2回目89・5メートルで234・3点を挙げ今季2勝目、W杯通算7勝目を挙げた。この結果、イラシュコがW杯ポイントを442点に伸ばし首位に。個人総合3連覇を目指す高梨は401ポイントで2位となった。

 高梨は1回目90メートル、2回目も90・5メートルに終わり、213・1点。伊藤有希(土屋ホーム)が10位、勢藤優花(北海道・旭川龍谷高)は14位、岩渕香里(松本大)は21位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年1月26日のニュース