錦織「さらに進化」海外専門記者が絶賛 優勝の可能性「当然ある」

[ 2015年1月26日 17:03 ]

8強に進出し、観客の声援に応える第5シードの錦織圭

 テニスの全豪オープンで26日、3年ぶりに準々決勝に進んだ錦織圭選手。テニス報道に携わるベテランの海外専門記者からは「若くて才能がある」と次世代のホープとして絶賛する声が挙がっている。

 「昨年の全米オープンでの活躍(準優勝)は現地で見たが、今回の全豪ではさらに試合運びが上達している」。錦織のボティーニ・コーチの出身国アルゼンチンの新聞記者ホセ・ルイス・ドミニクさんは、進化に目を見張る。

 強烈なバックハンド、素早いフットワークとショットの安定性を評価。今回の全豪で優勝の可能性も「当然ある」と断言した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月26日のニュース