葛西、伊東、竹内が世界選手権出場確実 残り2人は今後決定へ

[ 2015年1月26日 05:30 ]

8位に終わり、苦笑いして、引き揚げる葛西

W杯ジャンプ男子札幌大会最終日

(1月25日 札幌市大倉山ジャンプ競技場)
 世界選手権(2月18日開幕・ファルン=スウェーデン)の男子代表にW杯個人総合で日本勢上位の葛西、伊東、竹内が確実となった。

 W杯札幌大会後、全日本スキー連盟の斉藤智治ジャンプ部長は「26日に3人発表する」と話した。代表枠は5で、残り2人は今後W杯を転戦する遠征メンバーを軸に選ぶ方針。斉藤部長は「(4人で競う)団体のメダル獲得にはあと1人が重要」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月26日のニュース