インフルから復帰小野寺号泣「迷惑かけました」

[ 2014年2月15日 05:30 ]

<日本・米国>ショットを放つ小野寺

ソチ五輪カーリング女子 日本6―8米国

(2月13日)
 13日の米国戦は6―8で敗れた。インフルエンザで離脱していた小野寺が復帰も、ショット成功率はチームワーストの66%。「迷惑かけました」と号泣した。

 第4エンドは船山が放った6投目と小笠原の7投目がいずれもガードストーンに当たり大量失点のピンチ。結果的に2失点にとどめたものの勝敗に響き、小笠原は「課題はショットの正確性を上げること」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月15日のニュース