アボット 痛みこらえ12位に浮上 今季限りで引退へ

[ 2014年2月15日 10:28 ]

結果を喜ぶアボットと佐藤コーチ

ソチ五輪フィギュアスケート 男子フリー

(2月14日)
 SPでの転倒で腰付近を負傷したアボットは、冒頭の4回転ジャンプを3回転に変えた。痛みに耐えながら大きなミスなく演技を終え、SPの15位から12位に浮上。「滑り切ったことを誇りに思う」と振り返った。

 指導する佐藤有香コーチによると、今季限りで現役を引退する方向という。本来の力を発揮できなかった28歳の全米選手権王者は「(9位だった)前回の五輪はおびえたところもあったが、今回は冷静に滑ることができた」と充実感もにじませた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月15日のニュース