バイアスロン女子の鈴木李、中島が医務室へ 

[ 2014年2月15日 01:48 ]

 ソチ五輪バイアスロン女子15キロで鈴木李奈と中島由貴(ともに自衛隊)がけがを負い、医務室で応急処置を受けた。

 竹田和正コーチによると、途中棄権した鈴木李は3周目の下りカーブで転倒した。同コーチは「おそらく酸欠になって倒れ込んだ。症状としては、けいれん。(今は)自力で歩ける状態になった。選手村で点滴を受ける」と説明した。

 スタート後に転んで腰を痛めた中島は「大きなけがじゃないので気持ちを切り替える」と話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月15日のニュース