米スピード陣 スーツ変更 成績不振でハイテク脱ぐ

[ 2014年2月15日 22:34 ]

 ソチ冬季五輪スピードスケートで不振に陥っている米国代表は15日、五輪用に開発した高性能レーシングスーツをやめ、今季のワールドカップ(W杯)などで着用していたものに戻すことを決めた。変更を国際オリンピック委員会(IOC)が承認した。

 米国は、戦闘機などを手がける米ロッキード・マーチン社が誇る流体力学のノウハウを取り入れた先鋭的なスーツを導入。しかし前半の6種目を終え、女子1000メートルで優勝候補だったヘザー・リチャードソンの7位が最高だった。

 米国の“最新作”は、オランダのスーツ担当者が「本当に速いかは分からない」と疑問を投げかけるなど大会前から話題を呼んでいた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月15日のニュース