“最後の優勝者”元栃東が日本人力士に苦言「気持ちが弱い」

[ 2012年1月7日 16:21 ]

心境を語る大相撲の玉ノ井親方

 大相撲の玉ノ井親方(元大関栃東)は7日、東京・両国国技館の優勝額の掛け替えで自身の額が外され、飾られている32枚から日本人力士のものが消えたことに「寂しさがある」と心境を語った。

 栃東が制した2006年初場所も横綱に朝青龍、大関に琴欧州(現琴欧洲)、関脇に白鵬と上位に海外勢がいた。今の日本人力士について「気持ちが弱い。(外国出身者の)相手が強いと思い過ぎなのかな」と厳しく指摘した。

 日本勢の優勝の可能性について「一番近いのは稀勢の里と琴奨菊の両大関。(自分の額が)今場所下りたばかりなので、是が非でもいい結果を残してほしい」と願うような口調だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年1月7日のニュース