帝京大3連覇だ!“満身創痍”森田主将が強行出場へ

[ 2012年1月7日 06:00 ]

 ラグビー大学選手権決勝で24季ぶりの東西対決となる帝京大―天理大戦は、8日に東京・国立競技場で行われる。

 両チームの出場メンバーが6日に発表され、3連覇を狙う帝京大は満身創痍(そうい)のSO森田佳寿主将が先発出場することになった。左足首痛などを抱える森田主将はこの日の練習でも足を引きずるシーンが目についた。「足は引きずってません。全然大丈夫です」と強がったが、練習中は何度も主力組のプレーを外から見た。

 昨年の選手権は胃腸炎を発症しながら、準決勝と決勝に強行出場して2連覇に貢献。森田主将は「去年の再現になれば」と悲壮な覚悟を抱いている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年1月7日のニュース