希望者殺到で転売一時停止…ロンドン五輪入場券

[ 2012年1月7日 08:52 ]

 ロンドン五輪の専用ホームページ上での入場券転売手続きが6日、始まったが、希望者によるアクセスが殺到したため混乱し、組織委員会は手続きを全面的に一時中断した。

 今回は欧州在住者向けに昨年販売された入場券の転売希望者が、不要となった券をホームページ上に提示し、購入希望者が申し込むシステム。朝の開始直後からアクセスに時間がかかり、同日午後に手続きを停止。組織委は「わずかの入場券を多くの人が求めたためのトラブル」と説明し、販売会社が問題を解決し次第再開するという。

 同五輪の入場券は昨年の1次販売では約660万枚の入場券に2千万枚を超える申し込みがあり、入手が困難との不満が噴出。今月には、シンクロナイズドスイミングの入場券を誤って売りすぎたことが発覚するなど混乱が続いている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年1月7日のニュース