天理大・関口 父の果たせなかった全国制覇に闘志

[ 2012年1月7日 06:00 ]

ラグビー大学選手権決勝 天理大―帝京大

(1月8日 国立競技場)
 天理大は天理市内のグラウンドで調整し、関西勢24大会ぶりの決勝舞台に備えた。

 フランカーの関口は幼稚園からの「天理」育ちだが、レギュラーに定着できず腐りかけたこともあった。だが「天理大を強くしたい」思いを持ち続け、昨季終盤からレギュラーの座をつかんだ。

 天理中ラグビー部で監督を務める父・満雄さん(57)も天理大で選手権出場を果たしたが、勝利を挙げることができなかった。父の果たせなかった全国制覇に王手をかけ「しつこいプレーで食らいつきたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年1月7日のニュース