西野J初白星 乾 重い空気打ち破った光明の2発「形さえできれば決められる自信があった」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   日本4―2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

<日本・パラグアイ>後半6分、ゴールを決め歓喜の乾(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 国際親善試合の日本―パラグアイ戦は12日、オーストリアのインスブルックで行われ、日本は乾貴士(30)の2得点などで4―2と逆転勝ちした。14日に開幕するW杯ロシア大会前最後の強化試合を勝利で飾り、西野朗監督(63)の3戦目で初白星を手にした。日本代表は13日にロシアのキャンプ地となるカザン入り。19日にW杯1次リーグH組初戦でコロンビア代表と対戦する。

 西野ジャパン待望の初得点は後半6分に生まれた。香川のパスを受けた乾が左サイドからカットイン。狙い澄ました右足シュートはゴール右隅に突き刺さった。西野体制発足後231分目。ロシア大会最軽量59キロの男が大仕事をやってのけた。

 「ハーフタイムに西野監督から“スパイクに何か入っているんじゃないか”と言われて取り換えた。それで気持ちもうまく切り替えられた」。5月20日のリーグ最終節・Aマドリード戦前に右太腿を負傷。その影響で代表合流後も別メニュー調整が続き、初めて全体練習をフルメニューで消化したのは今月4日だった。8日のスイス戦で途中出場し、W杯直前のこの試合で先発。5月12日のリーグ第37節ラスパルマス戦以来となる1カ月ぶりの先発復帰は、強烈なアピールとなった。

 この日も先制を許し前半は0―1。またもチームに沈滞ムードが漂ったが、14年11月14日の親善試合ホンジュラス戦以来3年半ぶりの得点で嫌な流れを断ち切った。さらに、同18分には右からのクロスを香川が流し、そのボールをダイレクトでねじこみ勝ち越し。香川とのホットラインで2発。「最近は感覚が良くて形さえできれば決められる自信があった」と振り返った。

 根っからのサッカー小僧だ。海外移籍から丸7年。スペインで3シーズンを過ごした。リーグ中断期間中に母校の野洲高で自主トレをしていた際、恩師の山本佳司総監督(54、写真)から「向こうで誰がうまい?」と聞かれると「メッシはヤバいっす。次元が違います」と答えた。そして「あのプレーを見たら、ホンマに練習しないといけないと思います」と続けた。「サッカーが大好きで、サッカーがうまくなりたい。本当にサッカー小僧」と恩師に言わせる向上心の塊。30歳になった今も姿勢は変わらない。

 能力の高い選手がそろう1・5列目のポジションで一躍キーマンに浮上。「激戦区だった左サイドで30歳の僕を選んでくれた。恩返しをしたい」。後半34分に交代する際にはスタジアムのファンから万雷の拍手を浴びた。その大きさは、乾に対するロシア大会への期待の表れだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年6月13日のニュース