W杯ロシア大会 チケット不振 完売していない試合が20試合…日本―コロンビア戦もまだある

[ 2018年6月13日 18:40 ]

 14日開幕のW杯ロシア大会で、観戦チケットが完売していない試合が20試合もあると、13日付の英紙タイムズ(電子版)が伝えた。

 地元ロシアが登場するサウジアラビアとの開幕戦(モスクワ、ルジニキ・スタジアム)が試合2日前の12日にようやく完売。イングランドの初戦となる18日のチュニジア戦(ボルゴグラード)もチケットが売れ残っており、特に25日に行われるエジプト―サウジアラビア(ボルゴグラード)は売れ残りが多いという。

 その他では19日のコロンビア―日本(サランスク)、16日のクロアチア―ナイジェリア(カリーニングラード)、22日のナイジェリア―アイスランド(ボルゴグラード)、28日のパナマ―チュニジア(サランスク)もチケットが完売になっていないという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年6月13日のニュース