PR:

【加茂周の視点】後半に見違えたゴールへの意識 活路を見いだすシュートを打て

国際親善試合   日本4―2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

<日本・パラグアイ>後半6分、ゴールを決め歓喜の乾(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 いい流れになっているのに、なぜ打たない!なかなかフィニッシュに持ち込めない前半はそう叫びたくもなったが、その言葉が届いたのか後半は見違えるようにゴールへの意識が芽生えていた。一瞬の隙をついた柴崎のロングシュートが合図になり、乾がミドルを2発決めた。西野監督も少しは安堵(あんど)したのではないか。

 乾は海外でもまれているだけあって、ものすごく良くなっている印象だ。ドリブルが巧みで狭いところでプレーできるし、スペースを見つけるのがうまい。頑張らないと本番で使ってもらえないという必死さが、この日のプレーに出ていた。

 決定力不足を指摘されていた西野ジャパンだが、最後の試合で結果が伴ったのは自信になるだろう。ただし、フリーのチャンスを外すなど精度という点では課題も残した。本番で戦う相手はこの日のパラグアイのように、スペースを自由に使える保証はない。シュートを打たねば活路は見いだせないことを肝に銘じてほしい。 (元日本代表監督) 日本代表メンバー  日程&結果

[ 2018年6月13日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月18日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム