湘南ベストメンバー違反 けん責と制裁金600万円 ルヴァン杯第4節鳥栖戦

[ 2018年6月13日 05:30 ]

 Jリーグは12日、4月18日に行われたルヴァン杯第4節の鳥栖―湘南戦において、湘南が先発にA契約選手を4人しか起用せず、Jリーグ規約第42条「最強チームによる試合参加」の補足基準を満たしていないとして(1)けん責(2)制裁金600万円の制裁を決定した。

 Jリーグではリーグ、カップ戦の先発にはA契約および外国籍選手を計6人以上含まなければならないとしている。原博実副理事長によれば、湘南側は「意図的ではなかった。どんな裁定も受け入れる」としているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年6月13日のニュース