26年W杯開催地は米国、カナダ、メキシコの3カ国共催

[ 2018年6月13日 20:19 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで開いた総会で2026年ワールドカップ(W杯)開催地の決選投票を行い、史上初の3カ国共催案を掲げた米国、カナダ、メキシコに決定した。

 メキシコは1970年と86年、米国は94年にW杯を開催し、カナダでは2015年の女子W杯が行われた。候補都市は現在の23から16に絞り込まれて米国で60試合、カナダとメキシコで10試合ずつ実施予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年6月13日のニュース