PR:

【中田浩二の視点】守備の意図見えたが…集中力欠く2失点 しっかり修正を

国際親善試合   日本4―2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

<日本・パラグアイ>先制ゴールを許し、ぼうぜんとするGK東口(手前左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ガーナ戦とスイス戦はマークの受け渡しやボールの取りどころなどがはっきりしていなかったし、守備もオートマチックではなかった。この試合は相手がそれほど強くないこともあったが、全体的にコンパクトにできていた。岡崎と香川が前線から守備をして相手の攻撃を限定し、チーム全体で守備の意識も高く、意図も見えていた。

 しかし、2失点もロングスローとFKのこぼれ球から。1点目はヘディングの強い選手に2人で挟むなどもっと丁寧に対応していれば防げたし、2点目も集中力が欠けていた。ちょっとしたことで勝敗が分かれるので、ここはしっかりと修正しないといけない。

 この試合はチームの完成度を上げることより控え選手のコンディションを重視してメンバーを組んだと思う。DFでは昌子や植田は4バックに慣れていてそつなくやっていたが、メンバーが代わって同じようにできるか。香川と乾も守備面で良かっただけに、コロンビア戦へどういうメンバーを組むか悩ましいところだ。 (元日本代表DF) 日本代表メンバー  日程&結果

[ 2018年6月13日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム