PR:

西野監督 ハーフタイムの指示ズバリ「得点に結びつく良い修正ができた」と自賛

国際親善試合   日本4―2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

<日本・パラグアイ>試合中の西野監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 西野監督は就任3試合目で初白星を手にした。未勝利という絶望的状況でロシアに乗り込む最悪の事態は回避し「1、2戦目(ガーナ戦、スイス戦)も負けた気がしないゲーム。これでポジティブに入れるのはいいと思う」と手応えを口にした。

 厳しい状況下でも余裕があった。ハーフタイムに香川に「岡崎との距離が遠い。10メートル前に行け」とポジションを修正。「香川が(攻撃に)絡み、乾の仕掛けが増えた。得点に結びつく良い修正ができた」と自賛した。

 8日のスイス戦から先発10人を変更。「レギュラーとバックアップは分けていない。今日のメンバーはギラギラしていたので、試合前にスイス戦以上のパフォーマンスをしてくれる雰囲気があった」と競争意識を高めて結果を引き出した。ベストな編成でもないパラグアイに2点を奪われた守備は課題だが、「リスタートは隠している。メンバーもシステムも変えているので、コロンビアは捉えづらいのではないか」。W杯本番に向けて勝負師の顔をのぞかせた。 日本代表メンバー  日程&結果

[ 2018年6月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月14日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム