東口 1失点も安定 西野Jで初めてゴールマウスを守る

[ 2018年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   日本4―2パラグアイ ( 2018年6月12日    インスブルック )

<日本・パラグアイ>試合中の西野監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 東口は昨年12月12日の中国戦以来、西野ジャパンでは初めてゴールマウスを守った。

 川島が不調だけに、この試合は本大会でのレギュラー獲りへ大きなチャンス。4月21日のC大阪戦で右頬と右眼窩(がんか)底を骨折。全治3〜4週間の診断を受け、一時は「W杯は難しいかな…」と覚悟したという。この日は前半のみのプレーで1失点も、まずまず安定したプレーを見せた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年6月13日のニュース