C大阪 代表離脱の健勇は全治6週間 藤本は両足手術

[ 2017年12月25日 14:45 ]

 J1のC大阪は25日、21日に左足関節関節内遊離体の除去手術を受けた日本代表FW杉本健勇(25)の診断結果を全治6週間と発表した。

 また、DF藤本康太(31)については、今月7日に左足関節インピンジメント症候群、21日に右足関節インピンジメント症候群の手術をそれぞれ受けたことを発表。左足は全治3カ月、右足は全治2カ月と診断されたことも併せて発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月25日のニュース