岡崎、途中出場で“奇跡”ドロー「自分がいる時で良かった」

[ 2017年12月25日 05:30 ]

プレミアムリーグ・第19節   レスター2―2マンチェスターU ( 2017年12月23日 )

<レスター・マンチェスターU>後半、競り合う岡崎(左)
Photo By 共同

 レスターのFW岡崎が劇的な幕切れを喜んだ。1―2の後半22分から途中出場。得点はなかったが、チームが試合終了間際に追いつき「奇跡。自分がピッチに立っている時で良かった」と笑顔を見せた。

 19日のリーグ杯で120分間プレー。疲れは「多少あった」というが、「個人的には常にやれる」と精力的な動きを見せた。リーグ前半戦を終え、8位。来季の欧州リーグ出場権を狙える位置につけ「モチベーションになる」と充実した表情を浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月25日のニュース