清水 引退の高木純平氏がクラブスタッフ就任 今季はJ2東京Vでプレー

[ 2017年12月25日 14:39 ]

 J1清水は25日、J2東京Vに所属していた今季限りでの現役引退を表明している高木純平氏(35)が来季からクラブスタッフに就任すると発表した。配属先、業務内容等の詳細については未定。

 熊本県熊本市出身の高木氏はジュニアユース、ユースと清水のアカデミー(育成部門)育ちで、2001年にトップチームへ昇格。その後、札幌や山形への期限付き移籍を経て16年から東京Vに移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が147試合5得点、J2が79試合2得点。今季はJ2リーグ戦3試合0得点だった。

 高木氏は清水を通じ、「このたび、エスパルスに戻ることになりました。再び、エスパルスファミリーの一員になれることを、心から嬉しく、光栄に思います。選手という立場から変わりますが、少しでもクラブ、チームの力になれるよう、自分のできることを精一杯頑張りたいと思います。これからも宜しくお願いいたします」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月25日のニュース