聖和学園 “最弱”初突破「次も勝って優勝まで行きたい」

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日 ( 2017年1月2日    聖和学園(宮城)1―1(PK4-2)徳島市立(徳島) )

<聖和学園・徳島市立>後半、聖和学園・大八木はゴールを決め喜ぶ
Photo By スポニチ

 聖和学園(宮城)PK戦を制し、初の全国16強に駒を進めた。

GK吉田(3年)が相手の3人目を読み切って左へ横っ跳びして好セーブ。動揺した相手の4人目もクロスバーに当てて失敗。守護神の活躍で計4―2の勝利を飾った。吉田は「今日は当たっていた。相手の1回戦のビデオを見て研究していた」とうなずき「史上最弱と言われたチームが初めて2回戦を突破できた。自信につながる。次も勝って優勝まで行きたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース