鹿児島城西 堅守で狙い通り!特訓成果でPK戦制す

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   鹿児島城西(鹿児島)0―0(PK4―2)長崎総合科学大付(長崎) ( 2017年1月2日    等々力 )

<鹿児島城西・長崎総科大附>PK戦の末に勝利しイレブンと抱き合って喜ぶ鹿児島城西GK・泉森
Photo By スポニチ

 鹿児島城西は、堅守で4大会ぶりの16強入りを果たした。

 相手の強力な攻撃陣をはね返し、PK戦に持ち込んだ。DF生駒は「プラン通り。前半を無失点で抑えて、リズムを持っていけた」と振り返った。PK戦は県予選開幕1週間前から全体練習最後に特訓していた。2年生GK泉森は1本目で右に跳び、がっちりキャッチ。「1本目止めたら勝てると思っていた」と胸を張った。

 ▼長崎総合科学大付・小嶺監督 (鹿児島城西は)どん引きしてくるとは思わなかった。もう少し上へ進ませたかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース