佐野日大 守った強固5バック プラン通りの16強入り

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   佐野日大(栃木)1―0米子北(鳥取) ( 2017年1月2日    味フィ西 )

<米子北・佐野日大>前半23分、シュートしようとする米子北・伊藤を二人がかりで抑え込む佐野日大DFの小林(左)と福田
Photo By スポニチ

 佐野日大(栃木)は、プラン通りの展開で16強入りを決めた。

 米子北に終始、攻められたが、海老沼監督が「奪った瞬間から、前でキープできたらチャンスが来る」と指示を送った通り、5バックで守備を固め、後半22分にオウンゴールながら、もぎ取った虎の子の1点を守り切った。過去最高成績は98年度大会の8強。試合後、感極まった指揮官だったが、「次の試合に集中したい」と切り替えた。

 ▼米子北・中村監督 (佐野日大が)あれだけ守るというのは予想していなかった。力ずくで何とかこじ開けようと思っていたが、一辺倒になってしまった。相手のペースだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース