山梨学院 後半2発逆転 小林主将自賛のV弾「練習していた形」

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   山梨学院2―0尚志(福島) ( 2017年1月2日    駒沢 )

<山梨学院・尚志>後半14分 同点ゴールを決め喜ぶ宮崎(左端)ら山梨学院イレブン
Photo By スポニチ

 山梨学院は後半7分に先制されたが、14分に宮崎が決めて同点、26分には左サイドを崩して最後は主将の小林が決めて逆転勝ちした。

 「練習していた形。胸トラップして、右足のアウトで決めた。GKも見えていた」と、小林は大喜び。守ってカウンターを仕掛けるのが得意だが、先制されたことでボールをつなぐサッカーに切り替えて勝利を引き寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース