東海大仰星 後半40分鮮やかカウンター決着!4大会ぶり16強

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第95回全国高校サッカー選手権大会第3日   東海大仰星1―0鹿島学園(茨城) ( 2017年1月2日    ニッパツ )

<高校サッカー 鹿島学園・東海大仰星>後半、東海大仰星・見野(奥・11)が決勝ゴールを決める
Photo By スポニチ

 東海大仰星(大阪)は接戦を制し、4大会ぶりの16強入りを決めた。

 0―0の後半40分、前掛かりになった相手の隙を突いてカウンターを仕掛けると、MF松山が相手GKを引きつけてラストパス。フリーで走り込んできたFW見野が冷静に右足で流し込み、決勝点を奪った。見野は「最後に絶対1つはチャンスが来ると思っていた。ああいう練習は日頃からやっていたので、冷静に流し込めた」と胸を張った。

 ▼鹿島学園DF塩野主将 後半、前掛かりになって最後に失点したのは自分の責任。後悔はない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年1月3日のニュース